宮城県富谷市
「地域おこし協力隊」
「住みたくなるまち日本一」を目指す富谷市で
「とみやど」を盛りあげてくれる仲間を募集!

富谷宿観光交流ステーション「とみやど」を活動拠点とし、
イベントの企画・運営や、特産品を使用した商品開発等、
地域資源を活用し、地域の方々と協力し合って
「とみやど」を盛りあげ、富谷市で活躍しませんか?

富谷市ってどんなところ?

仙台市の北隣に位置し、奥州街道の宿場町として発展した歴史的な場所である「しんまち地区」と子育て世代が多く住んでいる「新興住宅地区」の2つの地域特性があります。住民の平均年齢が東北地域では最も低く、子育て世代が多いのが特徴です。特産品としては「ブルーベリー」「はちみつ」等の生産に力を入れ、近年では「富谷茶」復活プロジェクトなども立ち上がり、新たな魅力開拓を行っています。

富谷宿観光交流ステーション
「とみやど」って?

「とみやど」は旧醤油屋跡地に建てられた富谷市の観光交流の拠点となる商業施設です。 飲食・お土産・陶芸など6つのテナントが入居し、来場者に食や体験を提供します。「とみやど」では来場者が富谷の暦を感じながら過ごし、人や地域との繋がりを感じながら心地よく過ごせる、そんな様々な提案をしています。 また、施設運営と共に、商品開発やサービス開発を行い、地域に愛される事業を行いながら持続可能な事業創造にも取り組みます。 地域の農産物や商材に、新たな付加価値を創造し、日本全国・世界への流通を通じて「地域×モノ」「地域×サービス」の交流を生み出します。

富谷市の新たな商品をご紹介

富谷市の新たな魅力発信として商品開発も行っており、現在2つの商品が誕生しております。
1つ目は宮城県最古の酒蔵でもある「内ケ崎酒造」さんとの共同で開発した「鳳陽 甘酒」
2つ目は富谷茶復活プロジェクトにて復活を遂げた「富谷茶」です。
2つの商品は好評につき今年度分は売り切れてしまいましたが、その他にも現在進行形で商品開発を行っており、富谷の新たな魅力づくりを続けております。

募集要項

職種
ビジネスクリエイター
  • 富谷宿観光交流ステーション「とみやど」を中心とした富谷市の観光事業
  • 商業施設プロデュース
  • 事業マネジメント
  • 商品開発、WEB(特に、EC、ふるさと納税等)に関する企画
  • 開発した商品の販路開拓営業
  • 施設運営、イベント企画
期待すること
奥州街道の宿場町であった富谷宿(現在の「しんまち地区」)の地域活性化に向け、「とみやど」運営を通して、地域資源を有効的に活用し、地域住民と一体となりながら、イベントの企画及び実施とビジネススキームの構築を行い、観光交流の拠点である「とみやど」のにぎわい創出やその運営の自走化を実現
雇用条件
  • 給与年額:2,800,000円(社会保険料等の個人負担分を控除)
  • 活動日数:原則 週5日間(土日祝日を含む)
  • 活動時間:原則 週40時間以内で1日あたりの活動時間は8時間
    例)9:00~18:00 休憩時間 12:00~13:00
  • 社会保険(雇用保険・健康保険・厚生年金)、労働保険(労災)
  • 月額50,000円を限度に家賃を助成。
    ※転居にかかる費用、光熱水費等の経費は個人負担。
  • 活動に使用する車両は支援事業者が確保し、燃料代は予算の範囲内で支援事業者が助成。
  • その他、活動に要する経費は、株式会社1038が予算の範囲内で負担。
応募対象
  • 年齢20歳以上の方
  • 生活の拠点を総務省が公表する「特別交付税措置に係る地域要件確認表」において定める条件不利地域を除く三大都市圏内の都市地域又は政令指定都市から富谷市内へ移し、住民票を異動させることが可能な方
  • 普通自動車免許を取得している方で活動するうえで自動車の運転に支障のない方
  • パソコンの操作ができ、Word、Excel、インターネットを活用した基本的な実務経験がある方
  • コンテンツ企画・マーケティング業務経験者、又は、経験にまさるチャレンジ意欲のある方
  • 地域住民とともに地域活動に取り組める方
  • 活動終了後、起業又は就業し富谷市に定住する意欲のある方
雇用形態
  • 富谷市地域おこし協力隊設置要綱に基づき富谷市長が委嘱。
    ※市との雇用関係はなし。地域おこし協力隊の活動を支援する事業者が隊員を雇用する。
    ※支援事業者は株式会社1038です。
  • 隊員の任用期間は、最長3年。
    ※着任日は相談に応じる。
  • 地域おこし協力隊の活動に支障のない範囲内で、市との協議を経て副業を認める。

お試し体験移住ツアー

宮城県富谷市ってどんな地域?どんなことが出来そう?どんないいことがあるの?等
いろいろ気になることがあるかと思います。
実際にご自身が働く地域・場所・人と触れ合い、体験してみませんか?

日帰りツアー受付中!
日程
2024年3月中旬頃まで
※ご都合にあわせて日程を組ませていただきます
内容
・富谷市の紹介
・「とみやど」を中心とした、富谷しんまち巡り
料金
無料(最寄り駅までの交通費は実費になります)
メッセージ

富谷市地域おこし協力隊 齋 崇之

2021年より富谷市地域おこし協力隊として富谷市に移住。もともとは東京の広告代理店に務めておりましたが、地方創生に対し興味があり一念発起し移住を決意。現在は「とみやど」にて日々の運営管理からイベント企画などを行っております。私たちはまだまだ走り出したばかりの組織ですので、目の前には課題もたくさんあります。ですが、その課題を一つ一つ解決していくことが未来を創造する楽しさでもあります。「未来を描き、未来を創る」とても難しいことかもしれませんが、一人でも多くの方が笑顔になれるそんな「まちづくり」を日々心おどらせながら取り組んでます。『一緒にやりたい!』と思った方はぜひ!!

pagetop